妊娠を回避する為の準備

女性が出産を望まない傾向が近年強くなっているようです。
それは社会的な地位を築いたり、結婚に魅力を感じないなど理由は様々です。
とはいえ、恋愛や性生活を行わないかというとそうではありません。
そこで使用されるのが避妊具や医薬品で、ピルなどの妊娠を回避する目的の薬を服用します。
膣内に貼る女性用コンドームなどもありますが、装着が難しかったりと実用的ではないと聞きます。
もちろん、完全に避妊を試みる上では必要なものと考えられます。
ピルに関しては低用量の事前に飲みつづける事で、妊娠に近い状態を意図的に作り出し着床しない体にするものがあります。
生理終了後から毎日、同時刻に服用し21日間で1周期とします。
服用をやめたり、頻繁に飲み忘れすると効果は薄れ無くなります。

その様な状態の時に、避妊に失敗すると事後ピルやアフターピルが必要です。
欧米では普通に薬局などで買えますが、日本国内では販売していません。
一刻を争う状況で、病院に行き処方して貰う必要があるのです。

そこで、事前に用意する方法として、海外医薬品サイトから個人輸入で購入する事です。
数錠分をネット通販で買う事が出来るのです。

殆どの医薬品の消費期限が2年間ありますので、準備としてアフターピルを用意しておくと良いのではないでしょうか。